学校運営

Ⅰ.学校目標

1.教育目標
・自立と相互依存、社会参加に向けて一人ひとりの可能性を最大限に引き出す。
・キャリア教育の視点に立って卒業後の社会で生きる力を身につける。

2.目指す子ども像
・明るく健康で意欲的な子ども
・仲間とともに活動に参加できる子ども
・自分で考え行動できると同時に、社会の一員としての自覚を持つ子ども

Ⅱ.学校教育計画

1.教育方針
・一人ひとりの存在と能力を尊重し、集団的あるいは個別的指導を通じて発達の可能性をより豊かに実現させる。

2.重点施策
1)本校の児童生徒に対する質の高い教育実践の取り組みと安心・安全な学校づくりを行う。
(1)児童生徒の実態把握と「個別の教育支援計画」「個別の指導計画」の充実を図る取り組み
(2)感染症等対策の継続と安全・安心を基盤とする学校経営
(3)「GIGAスクール構想」の推進とICT機器を活用した授業実践と教材・教具の開発
(4)学部間の連携強化と教育課程編成の工夫におけるキャリア・マトリックスの運用
(5)非暴力の文化・風土の醸成と実践

2)大学との連携による教員の専門性向上を図り、先導的な研究開発の取り組みを行う。
(1)学校園教員のための特別支援教育講座「エクステンション研修」の企画
(2)大学教員との共同研究の促進
(3)本校全体研究への本学教員との連携の促進
(4)質の高い教員養成に向けた介護等体験実習・教育実習・インターンシップ(学部生・ 特別専攻科生)及び学校実習・発展課題実習(教職大学院生)における大学との 連携の促進

3)特別支援学校のセンター的機能の発揮と地域連携の取り組みを行う。
(1)附属特別支援学校相談・支援センターの機能強化・発信の促進
(2)大阪府立支援学校及び教育委員会との研修等における連携の促進
(3)平野地区附属五校園との連携型教育実践の促進
(4)平野地域学校園との連携の促進

4)自立と相互依存及び社会参加に向けた生きる力を育成する取り組みを行う。
(1)高等部における大学・他機関と連携したキャリア教育の推進
(2)全ての学部を通して一貫した教育課程とキャリア・マトリックスの運用における工夫
(3)将来の自立と相互依存関係の構築および社会参加に向けた社会性の醸成や生きる力を育てる教育の促進

5)学校組織マネジメントと学校の活性化の取り組みを行う。
(1)管理職を中心に組織マネジメントに関する普段からの点検と機能強化
(2)各学部・分掌・委員会等学校組織の安定的運営と普段の点検活動による活性化の促進
(3)個人が組織人としての役割を明確にした役割の促進
(4)「教職員の働き改革」に関する事項についての点検と促進

6)情報の発信と保護者・卒業生等の連携の促進を行う。
(1)学校WEBPAGEの定期的更新と学校の教育活動における情報発信の促進
(2)保護者・PTA役員会・教育後援会との連携の促進
(3)卒業生・芙蓉会との連携の促進
(4)防災等の取り組みを含む地域連携の促進

学校組織

小学部 中学部 高等部

沿革

いじめ対策基本方針

学校評価

教育評価アンケート

PTA活動

error: コンテンツ保護のため右クリックを制限しています