大阪教育大学附属天王寺中学校の
ページへ

豊かな心と
自主・自立の精神をここに…

高校ホーム ≫ 教育研究 ≫ 科学のもり

科学のもり

 本校では「科学知識に基づく議論と体験を通して、現代科学を担う科学者や技術者育成のためのカリキュラム・教材・教授方法の研究開発」をテーマに、以下の基本方針に沿ってSSHに取り組んでいます。そして、これに基づいて展開されるプログラム全体を「科学のもり」と名づけています。
1.能力的にも人間的にも魅力のある科学者・技術者の育成を目指す。
2.基礎・基本を重視し、さまざまな教科で取り組むことで、幅広い知識と科学の基本を育てる。
3.「科学への夢」「科学を楽しむ心」を育て、生徒の個性と能力を伸ばす。

【科学のもりロゴ】
生徒に募集して作成した「科学のもり」のロゴです。原画は55期生の谷真琴さんです。科学のもりの木をイメージし、科学のもりを学ぶことを通して、その鍵をあけるというロゴです。

 

SSH経過措置校(令和2~3年度)に指定されました

研究主題:議論と体験に基づいた科学的問題解決力育成と国際共同研究志向の育成に向けた教育実践

 本校は平成21年度からSSH第1期の指定を受け、研究開発に取り組んできました。そののち、平成26年度の経過措置を経て平成27年度からは第2期指定を受け、平成31(令和元)年度まで新たな研究課題に取り組みました。
 第2期指定期間には、特に海外連携校との研究交流を進めてきました。その活動をさらに進め、次の研究課題を明確化するために、令和2年度からの2年間を、第2期の継続・総括期間と位置づけ、経過措置を受けることにしました。基本的には第2期の取組内容を継続し、令和4年度の第3期指定を目指して課題を探ろうと考えています。

◆科学のもりの活動