平野五校園共同研究発表会 特設ホームページ

令和3年度 平野五校園共同研究発表会

大阪教育大学附属平野五校園では、今年度より3年間にわたり新たな研究テーマのもと協同的に研究を進めていきます。新しい共同研究主題を「一人ひとりの多様な可能性を広げる評価の在り方(2)~主体性が働く【探究学習】プログラムと学習評価のモデル開発をめざして~」とし、1年次である今回の共同研究発表会では五校園それぞれのこれまで行ってきた「探究学習」の分析と評価を発表いたします。また、本大学教員養成課程学校教育部門 准教授 八田幸恵 先生から「探究学習の持続的発展を支える資質・能力」と題した講演を賜ります。参加者の皆様と一緒に探究学習について考えていきたいと考えております。

各校園の発表

附属特別支援学校

特別支援教育における探究的な学習 保田洋幸
 授業実践において児童生徒が主体性を持ちながら取り組める特別支援教育における探究的な学習を目指す。発表する中学部の総合では、生産学習の課題としてキーホルダー作りに取り組み、経験したことを思い返しながら、作業工程や道具の使い方、デザインなどを自ら考える学習を行う。

附属幼稚園

幼児の主体的な遊びを通して探究する姿を読み取る 舩築いづみ
 子どもの遊びの姿を追いながら、遊びの育ちやその中で見られる子どもの育ちを捉え、「遊びに生きる子ども」を育む保育の在り方を探っている。実践を通して、子どもが主体的に遊ぶ中で探究する姿を読み取り、その要因や教師の援助、環境構成について考え、提案します。

附属平野小学校

主体性を引き出す探求学習 渡邉和也(未来そうぞう科) 早野優一(算数科)
 本校独自の教科「未来そうぞう科」と「各教科・領域」の2本柱でカリキュラムを組み、子どもたちの未来をそうぞうする力の向上をめざしています。中核となる「未来そうぞう科」と「各教科・領域」での探究学習の在り方や、主体性を発揮している姿のみとり方などを各実践を通して提案します。

附属平野中学校

主体性を引き出す総合的な学習の時間 森岡輝次
 本校の総合的な学習の時間では、生徒自らが興味・関心のあることや社会の問題から課題を設定し、1年かけて自分なりの答えを導き出している。探究のプロセスの中で生徒の主体性を引き出す工夫や取り組みを発表します。

附属高等学校平野校舎

主体性コモンルーブリックを活用した歴史総合・公共の授業 小西真里奈 熊原真史
 主体性コモンルーブリック指標分類C-(2)「自分の見方・考え方をもつことができる力」をローカライズした高校2年生日本史の授業、指標分類E「<公共意識>に関する資質能力」をローカライズした高校1年生現代社会の授業を実践する予定である。

主体性ルーブリックを活用した体育の授業 松田雅彦
1.主体性ルーブリックを活用した成果
2.コモンルーブリックをローカライズする手順
3.主体的・自律的学習の構造と単元計画の特徴
4.主体性ルーブリックの活用事例

開催日時と参加費

日 程:令和3年11月6日(土)
時 間:14:30~17:00
形 式:zoomを用いたオンライン
対 象:教職員、学生、教育系大学の研究者
参加費:無料

詳細は、二次案内をご覧ください。

申込方法

下記の申込フォームから、お申し込みください。

 申込フォーム

*申込締め切りは、令和3年10月29日17:00までといたします。
申込者は、申込時に登録いただいたメールアドレスに11月2日(火)に本校からzoomの入室IDとパスコード、及び参加者用ホームページを閲覧するためのパスワードを記したメールを送付します。

参加者用ホームページ

申込フォームから申し込まれた方のみご覧いただけます。
パスワード
を受け取られた申込者は、こちらからお入りください。

平野五校園

大阪教育大学附属幼稚園

大阪教育大学附属平野小学校

大阪教育大学附属平野中学校

大阪教育大学附属高等学校平野校舎

大阪教育大学附属特別支援学校

問い合わせ先

大阪教育大学附属特別支援学校 研究部
担当:大原、小森
住所:〒547-0027 大阪市平野区喜連4丁目8番71号
電話:(06)6708-2580
FAX:(06)6708-2380

メールはこちらからお願いします→お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました